SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車検 兵庫 明石市 今井モータース

兵庫県明石市の自動車整備工場、今井モータースのブログです。
納得の車検ならお任せください!
1200  いつもの車談義
0

    結構忙しいです

    仕事が遅いのか?

    悩みます、

     

    残り3日で仕上げたいと思っていた

    Eタイプも さわりだすと半日で

    これだけといった感じ、自分でも不思議

    デスビを外してポイントを磨いて

    点火時期を合わして、半日

    昔なら一時間でできた気がする

     

    デスビの内部に使っている配線は特殊なんです

    柔らかく、熱に強くこんな配線なんていくらでもあった

    当時は 今はポイントのついている車がない

    部品屋の従業員も説明しても解らない世代がほとんど

    いやな時代 いかに自分の時代が終わったか

    これでもかと言う感じで 思い知らされる

     

    この車に付いている3連のSUキャブにしても

    フロートの付き方が懐かしい

    たかがフロート オーバーフローを防止するための部品と考えないで

    3連ともなると 同調させるのがむつかしい

    その第一関門がこのフロートとなる

     

    まず各フルートの重さを合わす必要がある

    トイレ洗剤に薄い塩酸を使った洗剤がある

    先ずこれに付けて、変色した銅のフロート表面を

    きれいな銅色に戻して、天分ばかりで3個のウエイトを合わす

    方法は一番重いフロートを基準にして

    軽いフロートに半田を付けて、重さを合わす

     

    こんな事をしなくともフロートとフロートバルブの間にある

    アームを曲げて、油面を合わしたらいいではないかと思う人も

    いるかもですが、

    おっとどっこい、そのアームを3個同じ状態に

    合わすのは簡単だが、キャブを組んでから

    油面を合わすために、アームを曲げるのは不可能

    やっぱり、ウエイトの調整をするしかない

    この手間なんです、楽しいです

     

    そんな感じで自分が楽しんでしまうから時間ばかりがかかる

    ユーザーは反対に気の毒、私が楽しむ時間を

    じっと待たなくてはならない

    何とも気の毒と思うが、このブログを読んでいないことを

    祈るだけ、もし読んでいたら少し値引きでごま化しますかと

    せこいことを考える

     

    とにかく自分の好きな車をさわらせてもらうと

    無意識に時間をかけてしまう

    実はこの車の直6のエンジンが好きで

    ジャガーを2台持っているんです

    当然廃車状態ですが、

     

    ニッサンの直6もいいがジャガーが頂点でしょう

    現在、考えるとあの無駄の塊のような鉄の塊

    しかしあのヘッドカバーを見ていだけで1時間は持つ

    余談ですが今車検で12気筒のジャガーも入っているんです

    此のエンジンのバランスを合わせるのがまたむつかしい

    この難しさは、エンジンそのものではなく

    メーカーの作りのいい加減さが原因なんです

    もっと調整をきめ細かくできるようにしていれば何でもないことなんですが

     

    新車時のがたとか摩耗がない状態だと、これでもいいのですが

    ガタと摩耗が出だすとそれをごまかすのに苦労する

    完ぺきに合わせられた時の12気筒のスムーズさは

    絶品である

     

    昔アルファのソレックスを思い出す

    とにかく厄介な代物であった

    季節の変わるごとに調整をしていた

    でもあの走りと雰囲気は最高だった

    あの厄介さがふつうであった時代が懐かしい

     

    今は少しくらい、誤魔化せるくらいコンプューターが

    面倒を見てくれる

    唯一コンピューターが制御できないのがカムタイミングかもしれない

    国産のタイミングベルトの交換時期は10万km前後の指定が多いが

    高性能の輸入車は検査ごとの交換が当たり前になる

    この交換はベルトが切れるとまずいからと多くの人が

    思ってると思うが

    実は

    そればかりではないんです

    ベルトが伸びるとカムタイミングが遅れる方向に進むんです

    当然パワーに関係してきます

    パワーで売っている車だからこそ、そのパワーを大切にするから

    早期の交換をするんです

     

    例えばあのトルクだけと思われているアメ車も

    どうしても調子が出ないエンジンのカムチェーンを交換することで

    調子を取り戻せることがあります

    アメ車のエンジンにカムチェーンが付いているのか?

    ついているんです

    OHVなのになぜ

    実は回転を稼ぐとき

    慣性の法則から動く物すべての重量を軽くすることで

    高回転にも追従してくれるんです
    OHVの場合そのウエイトは部品点数が多い分OHCより重いんです

    高性能のOHCエンジンだとカムシャフトが直接バルブを作動させるんですが

    OHVだとバルブまでにロッカーアームとプッシュロットが必要になるんです

    その重量アップとプッシュロッドで運動方向まで変えないといけないんです

    だからその重量を少しでも軽減するためにカムシャフトをヘッドに近い

    上部に持って行くのが有利になる(プッシュロッドを短く、軽くできる)

    そのために、クランクシャフトとカムシャフトをつなぐためにチェーンを

    使うんです

     

    ついでに

    それではどうしてアメ車の多くはいまだにOHVが多いのか

    先ず走らす状況がパワーよりもトルクを重視する事情があるんです

    発進加速より巡航速度を重視するし

    OHCよりOHVの方がエンジン自身の高さを低く作れる

    これは車の低重心につながり、走りに有利になる

    そんな諸事情でアメ車は今だOHVが多い お国柄と言いますか

    とにかく、どんなエンジンにもいろんな使用目的の車種に

    合わせるために、特徴のある性格を待たせている

     

    おまけ

    最近おいしいコーヒーショップを見つけました

    残念なことに、日曜日が休みなんです

    祭日は営業しているので、祭日しか行けません

    またの機会にご報告をします

     

    今日の一言

      車の世界は奥深い

     

     

    | - | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    1191 アバルト124スパイダー
    0

      最近新車同然の124スパイダーを入手しました

      先ず町乗りでは文句なかったです

       

      少しスピードを出したとき、林道を走った時の

      走りを少し

      先ず乗った時のシート位置が落ち着かない

      ハンドルの切れがシャープでない

      車の剛性が低い

      大きくはこんな感じです

       

      あくまでもこれは、私の個人的な感性と意見です

      どうしてもS2000と比べてしまう

      現在のSは結構完成度は高いと思っています

      それと上記の感想はスピードを出したときの感想です、
      町乗りでは、オープンを十分楽しめる車です

      ただ、ビルシュタイン、ブレンボーが標準と言うことで

      すこし、期待が大きかったかもしれません

       

      この車を手に入れたとき

      ボンネットとトランクに、黒のつや消しを塗って

      一年くらいは乗ってみたいと思っていたが

      近く売ろうと思っている、

       

      でも、おしゃれな車です

      純粋な日本車ではこのおしゃれさは出せないかもです

       

      此処で結論を出すより

      少し乗って少しずつ、気に入らないところを手直ししてから

      Sと比較するべきかもしれません、

      現在のマイSもノーマルと言えな状態ですし

      結構手を入れているのも事実ですから

       

      此処でSの自慢を少し

      とにかく後輪の踏ん張りは大したものです

      アンダーからオーバになっても以前のようなスピードでは

      不安は全くないし、結構アクセルを踏んでいける

       

      以前書いたかもしれませんが、ホイルの話をすこし

      ホイルのインチアップは慎重にこのSも

      後期型では純正でインチアップになっているんです

      でも、私はインチアップはしないで

      ノーマルより軽量ホイル(マグ)を選びました

      単純にインチアップをやると

      ブリップが変わった分、足回りとシャシーの強化が必要になり

      それが面倒なので純正サイズで行っています

       

      当然町乗りとか、普通の走りしかしない場合はイメージアップに

      なるのは間違いない

      とにかくホイルに関しては車に与える影響は大きく

      乗る人の好みも大きく関係する場所だと思う

       

      私のコルベットもホイルで悩んでいる

      アメ車はメッキが好きで、C6もメッキである

      私はそれが気に入らないんです

      ホイルをBBSに替えようかと悩んだが

      この車の場合限定車で世界で400くらい

      日本には9台しか入っていないので

      限定のホイルデザインは尊重して

      メッキはやめて、S2000に塗った色を塗り

      納得しようかと思っている

      自分の乗っている車の車種が違っても

      ホイルの色が同じ

      これは結構いけるかもですね

       

      今日は124スパイダーについて書くつもりが

      いつものマイカー自慢になってしまったようで

      反省しながら、寝ることにします

       

      今日の一言

        自分の所有物は、自分がどれだけ

           気に入っているかが すべて

      | - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1190  さび落としに夢中
      0

        私の場合、サビに関しては

        その車の歴史であり、勲章くらいに思っていた

        今もその、考えは変わっていない

         

        しかしなぜか、さび落としに凝っている

        車ではホイルが中心

        最近では、ほとんどの愛車は元の状態に

        もどした

        一台は塗り直した

        これはよかった、外色が淡いグリーンに

        メタ色のアルミホイルといった感じだった

        これは結構走らせる車だったので

        マグホイルでバネ下荷重を下げ

        走りはまずまずといった感じになったが

        全体に何故か軽い感じがしていた、少し雰囲気を変えてみたく

        少し色を濃くし、外周に赤のラインを入れた、

        結果 止まっている状態でも結構かっこよくなった

        足元が引き締まったといった感じ

         

        次にバイクの錆 これはひどかった

        93年前後に買ったバイクばかり

        エンジンの調子が悪かったら即、手直したが

        サビなんて、性能に関係なしとばかりに無関心

        そんなバイク軍のさび落としに、奮闘中

        当初サビ落としと言えば、ピカールくらいしか知らなかったが

        いろいろあるんですね、例えば

        台所用品にもいいものが多くある

         

        今はどこに何を使えばいいというのはすこしわかってきた

        これからは使ってはいけない物を選別していきたい

        例えば酸気の多い物の使い方、後処理とか

        色々試していきたい、

         

        当方では旧車のレストアが結構あり

        悩むのが外装の

        メッキ部品 とにかく手に入らない物が多い

        もしその外装のメッキがやり直せたら!

         

        そんな訳で今 塗るメッキをいろいろ調べているが

        いまだ少し高価なのが悩み、

        たかがメッキされどメッキである

         

        あともう一点、シートの張替えをやりたい

        革の加工には少し自信あり 何とかなるだろうといったレベル

        趣味でナイフを作ったりしているので

        そのシースを作ったり、薄い皮でその他の物を作ったり

        なじみがある(工業用のミシンを買ったらまた雷が

        おちそうであるが)

         

        そんな感じで年をとっても遊びには、事欠かかない

         

        話をもとに戻し

        うちには、なんで、スポーク付きのホイルが多いんじゃ

        錆の格好の的になっている

        R100R前後、ハーレー前後、MGAの4本

        軽く3代ある、とにかくスポークのさび落としは厄介です

        ホイル一本で日曜日が終わる

        でもその面白さがわかりだし、はまりだしている

        このさび落としがほぼ終わったら

        ハーレーのフロントフォークのアウターシリンダーを

        鏡面仕上げにする予定

        ハーレーはピカピカにしてもそんなに違和感がない

        他のバイクは、下品になるが

        言い換えたらハーレーはもともと下品な光ものが良く似合う

        光物バイクだからなのか、違和感知らず

         

        今日の一言

          色々あるのが人生

           色々遊びを見つけるのも人生

         

        | - | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        1189  車屋のボヤキ
        0

          アメ車につける、社外品のナビ

          大変でした、でも何とかなるところまで理解した

           

          私のコルベットにはいい勉強の教本になってもらった

          当然特殊な配線もあるが、基本形で行くことが、早道でもある

          輸入車には日本車のようにアクセサリーの存在があいまいな車種も多いが

          それはそれで何とかなる、

          ただその国々で特殊なメカを積んでいる車種には

          音が出なくなる物があるのも事実

          元々車種によってパワーアンプがついているモノ

          外品のナビにパワーアンプがついているモノが多いので

          付ける車種によってナビの選択が必要

          (どうして純正を外して外品を付けるのかと思わないで

          外品の方が性能も高く、操作しやすい物の方が多いんです)

           

          話を戻して、私の車で最高に悩んだのは約2点、

          とぎれとぎれの日曜日のみの作業

          前回やった作業を再チェックしてからの作業は

          とにかく時間がかかる、

          もう一点は、アメ車独特のポリシーを無理やり

          日本の発想に変換する事の抵抗

           

          しかし仕上がったときの、喜びは最高

          この年になると、とにかく小さい文字は最悪

          少しでも大きなモニターが欲しい

          このC6はこれで終了

          後はホンダを替えたいが、ちょっと思案中

          初めからナビのついているナビバージョンを買ったので

          インパネにモニターのつく穴が開いている

          今となってはこの穴が問題

          当時のSはアンプはトランクでモニターだけがインパネにつく

          だから、今のモデルとは寸法が合わない

          ラジオの入っている部分にアンプを付け

          前部にモニターを付けるしかない

          ただこのセットで最新の機能は望めない

          そこも悩みどころ

          もう一点は、この車ではそんなに長距離はいかない

          林道専用だからこのままでいいかと迷ったり

           

          時間が出来たら松本 周辺の林道を走りつつ、

          温泉巡りをしたいから

          それまでには交換しておくかといった感じで

          のんびり行くか とも思うし、

          悩みは尽きない

           

          とにかく絶えず最新のメカの情報が入ってくるから

          自分自身が頭でっかちになってしまって

          たまに自分の車に乗るとその古さが気になり

          最新のものを付けたくなるこれがまたまた

          悩みの種

           

          お客様の車の事はあまり書きたくないが

          いまポルシェのスプリング交換の仕事が入っている

          これは自分でも興味があったので、受けた

          持ち込みのスプリングなのでバネレートも

          何もわからないのが少し不安ではあるが

          とにかく組付けてみる、現状現車のデーターはすべてわかっているので

          どんな風に変わったかは、判断可能

          しかし、車高が変わっても、バネレートが変わっても

          走りが変わる プロとしては、ノーマルより

          いい走りが絶対条件、だからと言うわけではないが

          4輪アライメントも込で受けた

          もし、アライメント調整を断られたら

          この仕事はお断りするつもりだったが

          気持よく、了解してもらえたので、

          かっちり仕上げさせてもらう予定、

           

          いつも言うように私は、車検整備のように

          同じことの繰り返しは、自分の感性に合わないので

          あまりしない、決まったスタッフに一任

          自分は自分の興味のある仕事をメインにさしてもらっている

          此の環境になったもの、若い頃から、何でも贅沢を言わず、

          やってきた結果と自負している

          (実は嘘、周りのスタッフが頑張ってくれる これが正解)

           

          いつもこんな感じで、言いたい放題、やりたい放題

          次の日曜日に当社が加入している団体の総会がある

          しかし、日曜日にゆっくり集中したい仕事があったから

          総会はサボリ、今日委任状を出しておいた、

          こんな感じでいいのかと思うくらい、気ままやり放題

           

          私の同級生のほとんどが退職組

          今だ現役で好きなことをしている者は少ないようだ

          私も常夏の島国は好きなので、旅行に行きたいとか

          思うこともあるが、

          退職組と話している時、あまりうらやましいとは感じない

          反対に退屈するなよと、心配してやったり

           

          私の最終は機械科だったのでいろんな分野で活躍していた者が多い

          三菱、川重、大林、トヨタとにかくいろんな職種で活躍していた

          私の工場は職安に近いため、職安帰りに寄ってくれたりして

          若かりし頃に、思いをはせたりする

           

          友達は現職時代結構なところまで出世した者も多いので

          それなりの年金もありリッチに生活している

          私の場合仕事はあるがお金はない、

          全てを持っている人は少ない 一つくらい我慢しないと

          と、自分を納得させる

          現状での問題としてはそれくらい

           

          そんな訳で次の日曜日も仕事の予定

           

          おまけ  皆様 バイクのシーズンですよ

          次回はバイクの旧車談議でも

           

          今日の一言

            人生最後に望むもの 健康 遊べる体力

          | - | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          1188  旧人
          0

            当社では、あまり切れることなく

            旧車と言われる、車が入っている

             

            旧車をさわっていて、共通するのが

            効率の悪さ、不合理、各部品の強度

            色々感じるが、それらを差し引いても

            旧車には魅力がある

             

            さわっていて、基本的な構成部品は変えないようにするが

            見えないところで、強度が増すような改装をする

            それを考えながら、作業するのがまたまた楽しい

            旧車が旧車たる威厳をたもつのが、ノーマルであることが

            最低条件と考えるから 基本メカは変えたくない

             

            見えないところとはどんなところ?

            例えば配線、この配線を替えるだけで

            意味のある場合も多い

             

            例えばテスターで計測したら電圧は正常なのに

            各部品が正常に作動していなかったりする

            眼で見ると何の変哲もない配線なのに

            ビニールに覆われている中の銅線が熱で変色していて抵抗が増していたり

            各カプラの部分のカシメ部が切れる寸前だったり

            いろんなケースがある

            一時流行ったアーシングなんか旧車には意味のあることが多くある

             

            旧車をさわる時は すべてに疑いの目を持ち

            見た目で正常と判断するのはなし

            抵抗をはかり、配線の皮をはがしたり、基本的なところからスタート

            特にモーターを回す 要するに電流を多く流したい部品に

            つながっている配線は疑ってかかるべし

             

            それと市売されている配線は外形は結構の太さがあるのに

            皮をむいてみると銅線部分が細いとかいろいろある気を付けて

             

            当方では、配線の種類も数種類を使い分けている

            それと今の整備士に縁が無くなって見落とすのが

            グリスアップ、昔の金属部分にはニップルと言われるものがついていて

            その部分が乾いていたら、問題 絶えずグリス気が必要

            点検に入庫したらまず ガタの

            チェックとグリスアップ、

            この作業をすることで、不都合部分を発見することもある

             

            話を戻して、もし配線の皮がヒビ割れしていたら、即配線を交換

            すべきだと思う、特に電流を多く流す電装部品を作動させる配線には特に

             

            こんな風に書くと厄介しか感じないかもしれないが

            私にとっては、最高の時を提供してくれる

            楽しくて仕方がない

            日曜日にも

            自分の車をさわって一日が終わっても、有意義な日曜日を

            過ごしたと感じる

             

            自分のマイカーのすべてが旧車の域に入っているからかも?

            一番古いMGAは私の年齢と変わらないし

            今一番お気に入りのハーレーは93年式

            BMは94年

            暇があれが山を走っているS2000にしても初期型だし

            考えてみれば、一番新しいC6も8年前の車

             

            とにかく私の周りは、旧車だらけ

            いまだに思うのはもっと昔乗っていた、

            Z、911、02Tii、ワーゲンバス、

            売らなければよかったと、思うくらい

             

            普通の人から見れば ややこしい人種に入ると自負しています

             

            今日の一言

              昔のことを、思い起こすようになったら

                      年

             

             

            | - | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |