SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

車検 兵庫 明石市 今井モータース

兵庫県明石市の自動車整備工場、今井モータースのブログです。
納得の車検ならお任せください!
<< 1137  どこまで行っても車人間 | main | 1139 老後の遊び道具は、ぼちぼちと >>
1138 サビは大敵
0

    今18年間ガレージで眠っていた車

    Zをいじっています

    フロアー穴

    キャリパーサビ、サビ

    ブレーキホース亀裂

    ガソリンタンクサビ

    インジェクション固着

    フーエルポンプサビ固着

    想定内ではあるが

    最悪な状態

     

    しかしこの車は多少手間をかける値打ちは十分

    一つずつかたずけて エンジン音を聞くのが楽しみ

    エンジンがかかったからと言って

    次の儀式がある

    即アクセルオンはご法度

    充分にターボにオイルが回ってから少しずつ

    回転を上げていき、ターボを生き変えさせる

    先ずはここまでしてから

    板金工場に運ぶ、

     

    ユーザーには内緒だが

    ドアーミラーがいいと、ミラーが持ち込まれている

    私の個人的な趣味ではこの車は、フェンダーミラーが

    きれいだと思うのだが、(独り言)

     

    此のZは自分も乗っていたので

    さわれることに幸せを感じる

     

    乗っていたで思い出したが

    最近ヨタ8が走っているのに遭遇した

    瞬間だったが懐かしかった

    あんなに小さな車だったかと思ってしまった

    単純な構造の何もない車

    初期のパブリカの対抗2気筒のエンジンを

    チョット チューンした車

    車重が軽いからどんなエンジンでも走って当たり前の車

     

    とにかく当時の車は楽しかった

    このバタ8とS6は楽しんだ

     

    Zに関しては、経済的な理由でそんなにいじられなかった

    もしお金が有ったら 24のエンジンに乗せ換え

    足をさわっていたと思う

    さすがにこのクラスの部品は手が届かなかった

    そこまでお金がなかった

     

    Zを手放してからローレルを3台乗り継いだが

    そのときの直6エンジンはターボチューンで楽しんだ

    当然はどっかーんターボ

    サイズの大き目のターボを付け中速以上でドカーンとくるようにセットする

    当然バルブのバネレートは上げないとオーバーレブが待っている

    この3台からあとはターボは少し遠のいた

     

    BMWの02ターボを知ったから

    高回転ではドカーンとくるのに

    低速からのトルクはそれなりにクリアーしている

    とても後付けのターボではあのフィーリングは出せない

    単純なターボのアクセルワーク(オンオフのスイッチみたいな)

    に飽いて、ノンターボの繊細さにひかれていく

     

    ヘッドチューンなんかを楽しめる

    ターボではあまり効果のないようなポート研磨を楽しんだり

    ポートの形状がそのエンジンの性格を全く違うエンジンにすることは

    バイクでいやというほど知っていたから

    自分好みのエンジンに仕上げることを目標に

    さわった とにかく日産の直6を一番さわった

    その直6が久しぶりにさわれる

    たこ足にソレックスがついていたらもっといいのだが

     

    さわる者にとっての直6とV6の違いが判りますか?

    思い切り神経を使ってヘッドを仕上げ

    終わったと思った瞬間 もう片バンクあるんです

    緊張が途切れるんです

    まして最近のエンジンはほとんどが4バルブ

    直6なら一つと思えるんですが V6は同じものが2つある

    同じことを2度くり返のに私の繊細な神経がついていけない

    そんな理由でV6はあまり好きでない

     

    ただ完成度、バランス、重量バランスのとりやすさ

    どれをとっても、直6を優っている

    でもフロントヘビーでコーナーを

    リヤーを沈ませて立ち上がるあの快感は

    何物にも代えられないかもしれない

    そんな訳でもないがいまだ

    ジャガーのフラット6を2台持っている

     

    今日の一言

      あまり昔のことを言いすぎると自分の年を

           認めないといけなくなるからこの辺で

     

    | - | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://imai.shaken-i.com/trackback/953850