SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

車検 兵庫 明石市 今井モータース

兵庫県明石市の自動車整備工場、今井モータースのブログです。
納得の車検ならお任せください!
<< 1135  無題 | main | 1137  どこまで行っても車人間 >>
1136  一日を無駄にした後悔
0

    今 日本での旧車の世界はどうなっているのか

    確かに車の歴史的でアメリカに勝てる訳がない

    勝てるわけがないないというか 勝負にもならない

     

    現在の車の最新技術の世界では負けていないと思う

    しかし、悲しいことに、歴史の差はちじまらないのだろうと思う

    日本では国そのものが古い車の税金を上げたり

    何を考えているのか?

    旧車が育つわけがない

    (問題は排ガスじゃああ と言わないで

    そのことに関しては またの機会に

    反論します)

     

    だいたいです 旧車は今まで自動車税に関しては

    充分に貢献してきたわけで

    老体にまだまだ鞭打つ現状

    そんな環境で旧車のレストアが育つわけがないし

    旧車の部品を作るお店が育つわけがない

     

    アメリカでは、趣味としての

    車社会が別にあるように思う

    人間の寿命を考えたとき

    定年を迎えた人が青春時代の思い出の車を保してもおかしくない

    我々の時代 車は最高のブレーンだっと思う

    そんな車を懐かしく思うのは、正常な神経だと思う

    しかし日本にはそんな文化がないので

    旧車の部品は99%手に入らない

     

    私なんかMGAの初期の1500をいまだ所有している

    もしかしたら私の年齢と変わらないかもしれないくらい

    古い車を

    しかし走らすための必要な部品はイマダ手に入る

    面白いと思いませんか 夢があるでしょ

    アメリカ経由です

     

    そこなんです、昔の人にとって車はロマンなんです

    今だその気持ちは変わらない、

    そんな人種はいるんです

     

    そのことをすこし感じだしたのか

    若い人の中に、車に対する接し方が変わってきた人が

    少しずつ増えてきているように思う

     

    最近高齢者の事故がよく言われるが

    確かに生活に絶体必要で乗っている人もいると思うが

    好きで離せない人もいると思う

    もし高齢で

    運転時に不安を感じたら乗るのをやめるのは反対しない

    でも、ガレージに自分の好きな車を鎮座させておき、

    時々はシートに座って、ハンドルにさわる

    これもありかと思う

     

    今日は一人でコーヒー探索に行きたかった

    なのに、現実はテレビの前でウトウト

    人伝い、に聞くところによると

    長田にコーヒーの達人がいて

    その人のブレンドは最高との評判

    しかしお酒でもコーヒーでも嗜好品に関しては

    飲む人の好みが優先して、万人がうまいと感じるわけではない

    そこなんです、だからいろんなコーヒーを飲んで

    自分好みのコーヒーを求める醍醐味があるんです

    先ずはその名人を見つける予定

     

    蓼食う虫も好き好き なんていわれるが

    どんな物を対象にしても言えること

    隣の人がおいしいというから、無理においしいと思う必要はない

    万人 好みが違うから世の中面白い

     

    食べることに関しては、

    自分の好きな味がある

    それなら自分で作ればと思うが そうはいかない

    そのジレンマがまたいいです

    もし好きな物がすぐに手に入れば

    最高に寂しいかもしれない

    自分が求めてもすぐに手に入らない

    そこにロマンがあるんです

     

    もし若い頃にこれはと思う物があり、

    そのことに悟りを開けなかっても

    そんな事、問題外 時間ができたとき定年後でもいい

    続きをやればいい、しばらく休んでいただけのこと

    (私の独り言

    コーヒーの味ってそんなにたいそうなこと?)

    要するに何でもいいです、その人にとって

    拘れるものならば、

     

    そんな拘れる時間が少しできてきた今 特に感じます

    この時間を少しでも長く楽しむためにも

    最低条件が健康だとも、思い出しました

    若い頃は自分の健康なんか、考えたこともなかった

     

    皆さま方には どうぞ ご自愛を

     

    ちなみに

    何時も訳の解らないことを書き続けている私の年式は

    1950年式です

    世間では旧車と言われる年式しかし

    本人はイマダその意識がない

     

     

    今日一言

      今日はよく寝ました

    | - | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://imai.shaken-i.com/trackback/953848