SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車検 兵庫 明石市 今井モータース

兵庫県明石市の自動車整備工場、今井モータースのブログです。
納得の車検ならお任せください!
<< 1128  またも明日は日曜日 | main | 1130  仕事は楽しい >>
1129 車屋どっぷり
0

    やはり予想同りの休みでした

    ただ久しぶりに ゲレンデバーゲンに乗った

    新鮮でした

    私のガレージに最後まで残る

    車だと思っている

     

    そんなにぶっ飛ばないが、ゆっくり乗れる

    スピードの出ない車なんて車ではないくらいに思っていた時期を

    懐かしく思う

    こんなドン草車を良く思うなんて

    リヤーシートを外しベッドでも積んで

    温泉巡りでもするか

     

     

    人間暇になると、ろくなことを考えないようだ

    今だ現役と考えたり 隠居のようなことを考えたり

    情緒不安定もいいとこだ

     

    まあ それはそれ 否定せず謙虚に受け止めることにして

    したいことをしよう

     

    でも年を取るのは悪いことばかりではない

    物事を冷静に考えられる

    別に結果を出しても何ら意味のないことの多い時代と悟り

     

    今の若い人は少なからず枠にはめられ

    窮屈な時代を背負わされるかもしれない

    そう考えると親父時代が良かったのか

    自分の若い頃は 親父時代をかわいそうな時代と思っていたが

    そうでもなかったかもしれない

     

    戦争で生きるか死ぬかの時代

    何とか生き残り 何もないところからスタート

    親父はたまたま戦争前からやっていた車の修理を続けられ

    自分の思う様に生きたと思う

    私はその親父のすることを見て育ち

    遊びも仕事も車 そんな環境に育った

    今だその環境を満喫しているので

    後悔はしたことは無い

     

    自分の興味のある車は乗ってきたし

    今も何台かの車は自分のそばにある

    今日も妻に少し車を数を整理したらと言われたが

    私にしたら今ある車を眺めることが 自分のやってきたことの

    証明のような気がして 増えても減らないと思っている

    それにそれらに触れているときは、最高に楽しい

    触たり乗ったりして

     

    今まで乗った車で手放さなかったらよかったと思うのが

    Z2シーターと911だと思う

    その二台が今も有ったら完全かもしれない

    Zに関してはパワーステアリングもついていなかったので

    今では乗るのがつらいかもしれないが

    エンジンはもともと2リッターの130Ps

    だったと思う そのエンジンを240に替え

    当時はよく走ると思っていた

     

    次にローレルを2台乗り継いだ

    エンジンは2リッターだったが、当時はやった後付けのターボを

    付けていたので、結構走った

    Zと比べるとスピードは出るし楽に乗れると思っていた

    でも手放さなかったらよかったとは思わない

     

    ポルシェは異次元なものを感じていた

    同じ時期にBMWの02Tiiを友達が乗っていたので

    よく乗る機会があった それなりに良いとは思っていたが

    よくできたセダンの域は出ていなかった

    911は音、シート位置、どこか違うと思える一台だった

     

    もう二台忘れられない車があった

    ワーゲンバスである、窓ガラスが二分化されていて

    前に開くようになっていた まるでバイクに乗っている感覚

    この車では長距離をよく走ったが

    それ以上に思い出が二つ

    先ず雨の日は長靴で乗っていた

    ウインドーが開く構造になっていたので

    しっかり閉めてもそこから雨が入り

    ちょうどアクセルペタルの上に落ちてきたので

    いつも、長靴を積んでいた

    今考えると窓枠のゴムを交換でもして雨が

    入らないようすればいいのに 不思議だ

    もう一つはこの車を手放した理由です

    自動車税を払う時期が来て、その時にお金がなく

    親父にお金を貸してくれといったとき

    税金もない癖に車に乗るなと言われ

    勢いで売ってしまった、

    これについては 後悔先に立たず 身をもって知った

     

    この車は、ビートルの非力なエンジンを積んでおり

    全くパワーはなかったがそれなりに楽しんだ

     

    そうして最後に思い出すのが

    シトロエンの2CVチャールストンです

    これが欲しくていつかはと狙っていたのですが乗れなかった車

    初めのチャンスは

    販売中止になったモデルが東京の代理店に数台残っていると聞いて

    買うか迷い、あの車なら新車を買っても意味はなく

    中古車でいいと思い その時は買わず

    数年たった時点で、程度のいいのがない時代になってしまっていました

    そんなわけでほしかったがマイカーにならなかった車です

    いまだに程度の良いのがあればほしいと思うくらいです

     

    今日の一言

      車は一生のブレーン

     

    | - | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://imai.shaken-i.com/trackback/953841